麻原彰晃

提供: 5ちゃんねるwiki
移動先: 案内検索
麻原彰晃
死刑囚 麻原彰晃
麻原尊師(1980年頃?)
基本資料
本名 松本智津夫 
あだ名 尊師、旧尊師 
生年・年齢 64歳、1955年生まれ 
住所 東京都葛飾区小菅1-35-1[1] 
出生地 熊本県wp八代市 
身体情報 盲目 
特定経緯 逮捕 
職業 宗教家 
所属 死刑囚 
出身高校 熊本県立盲学校 
趣味 音楽、修行、アニメ鑑賞、水泳
関係者

麻原彰晃(あさはらしょうこう、1955年~)とはかつてのオウム真理教の指導者。オウム真理教の信徒からは「尊師」、なんJ民(恒心教徒)からは「旧尊師」と呼ばれている。ホーリーネームは「マハー・グル・アサハラ」。

経歴

Asahara.jpg

1955年3月2日に熊本県八代郡金剛村(現在の八代市高植本町)の畳職人の4男として生まれる。

1961年に八代市立金剛小学校に入学後、熊本県立盲学校に転校。

概要

言わずと知れたオウム真理教教祖。自らを「最終解脱者」と称し、空中浮遊やテレパシー、霊能力などがあるとしてマスコミに大々的な宣伝を行った。また、従来の宗教とはまったく異なる新しい修行形態が注目され、当時の「新・新興宗教」ブームの代表格[2]に位置付けられTVや雑誌にも多数出演し、「宗教おじさん」としてイロモノ的扱いを受けていた。またダライ・ラマなどのチベット仏教界の要人との対談も果たし、世の有識者にはある程度実力を認められていた。

旧尊師と現尊師

麻原は教団内では「尊師」(仏教用語の「グル」に相当。「指導者」の意を持つ)と呼ばれており、またテレビの報道で流された「尊師マーチ」ではこの言葉が連呼されたこともあり、人々に強く印象付けられた。

時は進んで2012年、弁護士唐澤 貴洋によりなんJ民への宣戦布告が始まったちょうど同時期にNHKスペシャル「未解決事件」にてオウム真理教事件が特集され、再現ドラマのクオリティの高さなどからなんJ民の間で評判となる。そして放送後のしばらくの間なんJではオウムブームともいえるネタの応酬が続き、ちょうど新鮮な話題であった唐澤は強制的に「尊師」の扱いを受けることとなってしまった。

唐澤に対する「尊師」の渾名が定着するにつれ本来の尊師であるはずの麻原は自動的に「旧尊師」に降格。ネット上で麻原の話題が登場する際にはなんJ内でのみ称号に「旧」が付いてしまう結果となった。


著作(一部)

註釈

  1. 麻原が現在収監されている東京拘置所の住所。
  2. 当時の新興宗教界の中心人物としては他に大川隆法がいたが、大川が本格的なメディア露出を始めるのは90年代以降である。